サイトマップ    よくある質問    お問い合わせ

- 奈良大和郡山店 -

パンくずディレクトリメガネの森田トップ > メガネ > 深視力検査

深視力検査

メガネの森田 - 奈良大和郡山店では、大型免許や二種免許で必要な深視力検査を行うことができます。

下記のようなことでお困りな方も深視力検査をし、メガネで矯正することで改善することが見込まれます。


当店では、航空自衛隊のパイロットの方の深視力検査などの実績もありますので、ぜひ安心してご相談・ご来店ください。


パッティング
  • 中型・大型免許・二種免許の深視力検査が通らない。
  • 物が二重に見えたりする。
  • 両目で見るより、片目の方が見やすい。
  • 球技(野球、テニス、卓球、ゴルフなど)が苦手。
  • 車間など距離感が分かりくい。
  • 視力は良いが、目が疲れたり、頭痛がしたり、肩こりになったりする。
  • 今までに他店で作製したメガネがしっくりこない。
  • 乗り物(電車、バス、車、飛行機など)の中で字が読みにくい。
  • 乗り物(電車、バス、車、飛行機など)に酔いやすい。
  • 老眼でもないのに、細かい字が見えにくい。
  • パソコン、スマホ、読書などをすると目が疲れやすい。
  • 子供が長時間、本を読むのを嫌がったり、飽きやすい。
  • 針仕事、編み物が苦手。
  • 3Dゲームや3D映画の立体感が見えにくく、酔いやすい。
  • 階段などの段差の遠近感が分かりにくい。
  • ゴルフのパッティングが不安定。
  • 車の運転で右側(または左側)ばかり、接触事故を起こす。
  • アルコールが入ると、物が二重に見える。

※深視力検査ご希望の方は、検査に時間(約30分〜1時間)を要しますので、ご予約優先制となっております。ご予約は当店へお電話にてご連絡ください。


※ただし、メガネ(レンズのみでも可)をお求めになられない方は、深視力検査料1,000円(税込)のみ頂きます。



深視力とは?

テニス

運転免許証の試験や更新での視力検査で行なわれることもある深視力とは、遠近感や立体感を正しく把握する能力のことです。


人間の眼は左右二つありますが、通常はそれを意識することなく一つの絵として見ており、右目と左目の位置違いがありますので、同一の物体を見たときには両方の眼の像には微妙なズレが生じます。


それを一つの像として処理する際に、距離感が得られるという仕組みになっています。


野球、テニス、サッカーなどの球技スポーツでも遠近感などを把握する際には重要な能力です。



深視力検査

深視力検査測定器

深視力検査は、運転免許の試験および更新時に、中型自動車、大型自動車、牽引自動車、第二種運転免許で実施することが義務付けられています。


深視力測定器は、黒く細い棒が3本並んでおり、その中央の棒が往復的に動きます。

その棒を2.5m離れたところで正面から見たときに、横に並んだと感じた地点でボタンを押し、その時の誤差が3回測定して平均2センチ以下でないといけません。


乱視や弱視、斜視のある方や左右の視力に大きな差がある方などは、パスするのが難しい検査です。





現金以外でのお支払

全国百貨店共通商品券

全国百貨店共通商品券
※差し引いたおつりもお渡しします。

ギフト券(クレジット系)

ギフト券(クレジット系)
※差し引いたおつりもお渡しします。

各種クレジットカード

VISA MASTER JCB AMERICAN EXPRESS Diners Club AEON CF DC NICOS OMC 楽天 SAISON UC UFJ LIFE