サイトマップ    よくある質問    お問い合わせ

- 奈良大和郡山店 -

パンくずディレクトリメガネの森田トップ > 補聴器 > 障害福祉補聴器

障害福祉補聴器

聴覚障害者と認定されると、身体障害者手帳を交付してもらうことができます。

この身体障害者手帳の交付を受けると、障害の程度により福祉制度を利用することができ、補聴器を作る場合、補助金を受けられます。


※補助金の給付条件となる難聴度は、各市区町村で異なりますので、最寄りの福祉課へお問い合わせください。


障害福祉補聴器

障害福祉補聴器を作るまでの手続き

  1. お住まいの市区町村の福祉課(障害福祉係)に出向いて担当者と相談し、「補装具(購入・修理)支給申請書」をもらいます。

  2. お近くの指定医療機関の耳鼻科に出向いて、医師に「補装具(購入・修理)支給申請書」を記入してもらいます。

  3. 「補装具(購入・修理)支給申請書」をお持ちになり、メガネの森田にご来店下さい。
  4. ※耳鼻科が補聴器販売店を勧めてくることがよくありますが、その店で購入する必要は全くありませんので、安価でアフターサービスの手厚い当店へ是非ご来店下さい。

  5. メガネの森田が見積書を作成し、「補装具(購入・修理)支給申請書」を市区町村の福祉課へ送付手続きいたします。(ほとんどの場合、当店で代行します)

  6. 約10日前後待ち、受理されると、メガネの森田へ「補装具品支給券」が郵送されてきます。

  7. 当店へご来店頂き、補聴器をお渡しします。(お客様の負担額は原則1割です)
    ※オーダー補聴器の場合、1度当店へご来店頂き、耳型採取や調整等を実施後、更に作成期間に約1週間程度を要します。

補助対象の補聴器

補聴器の種目には「高度難聴用ポケット型」「高度難聴用耳かけ型」「重度難聴用ポケット型」「重度難聴用耳かけ型」「耳あな型(レディ)」「耳あな型(オーダー)」「骨導式ポケット型」「骨導式眼鏡型」があります。


補助金額の目安

法律により、お客様が1割負担するのが原則となっております。下記の金額以上は自己負担です。


  • 高度難聴用ポケット型:34,200円
  • 高度難聴用耳かけ型:43,900円
  • 重度難聴用ポケット型:55,800円
  • 重度難聴用耳かけ型:67,300円
  • 耳あな型(レディ):87,000円
  • 耳あな型(オーダー):137,000円
  • 骨導式ポケット型:70,100円
  • 骨導式眼鏡型:120,000円

※上記の価格は、電池や骨導レシーバー、ヘッドバンドを含んでいます。

※基本的には、補聴器の耐用年数は5年と定められています。

※状況や症状によっては、補聴器を再作成できる場合もありますので、最寄りの福祉課へお問い合わせ下さい。

※修理や交換の場合は、別途、基準金額が定められております。詳しくは当店までどうぞ。


補助金額の最新情報は、下記URLの厚生労働省「補装具費支給制度の概要」のサイトをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/yogu/gaiyo.html